青備前の美しさ

2015y01m22d_225424978

陶器で青色を出す際に使われるのが塩。いわゆる塩釉。

塩釉とは窯焚きの最中に焚き口から食塩を投入して蒸発させ、その作用で釉薬となり表面をガラス状に覆う。出来上がりはコバルトの艶やかな青が特徴的になります。

しかしながら備前焼作家・渡辺琢磨さんのうつわは冷却還元の焼成方法で青を出されています。更に渡辺さんは還元専用の小さな窯を使われているほどのこだわりようである。

窯焚きをの最高温度に達したところで塩でなく炭をいれて一酸化炭素を発生させる。温度が下がりながら窯内が酸欠状態である還元状態になる。一酸化炭素と土の中の酸化金属が結びついて発色する。備前焼の場合は土の中の鉄分が冷却時の還元で酸化鉄となり青色に発色するのである。

青備前は偶然に生まれたものでした。鉢や重なったモノが薪に覆われて空気があたらない箇所で出来ていました。現在は焼成終了直前に炭を投入して狙って作られていますが、土の中の鉄分の量や焼成温度、還元の濃度によって様々な色に発色します。よって、出来上がりはやはり神だのみである。

この青備前は工芸品全般に言える事であるが使えば使うほどに表情を変え、使う楽しさが魅力である。

備前焼の中でも通好みの青備前。みると欲しくなること間違いナシですよ♪

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オススメの作家さん

  1. 2015y07m21d_165137556

    2015-7-21

    半磁器のうつわに惚れてしまいました(^^♪

    陶器には土のぬくもりがあり磁器には白い地肌に代表されるように美しく上品が特徴。 …
  2. 2015y07m11d_174813352

    2015-7-11

    やちむんが続々!気分によって使い分けたいマグカップ

    沖縄の陶器であるやちむんは琉球ガラスと同様に人気を集めている工芸品である。 実…
  3. 2015y07m10d_212739297

    2015-7-10

    お客様の期待に応えられるのが羨ましい!

    招き猫作家として活躍されている造形作家・渡辺志野さんに本日お会いしてきました(^^♪ …
  4. 2015y04m13d_102355656

    2015-5-13

    旭川木工の吉野道雄さん

    旭川と言えば皆さんは何を思い浮かべますか? 旭山動物園ですかね(^^♪ラーメン…
  5. 2015y04m14d_185134270

    2015-4-17

    小樽ブルーの美しいガラス

    小樽の海を映し出すかのような美しい色合い。 北海道小樽は昭和初期にはニシン漁で…

ごあいさつ

  1. 2014y11m10d_194321876

    2014-11-7

    はじめまして!和雑貨マイスターいけぽんです。

    とうとうMYブログをはじめました(^^♪ 只今、静岡県浜松市の㈱四季彩堂でこだ…

ピックアップ記事

  1. 2015y07m21d_165137556
    陶器には土のぬくもりがあり磁器には白い地肌に代表されるように美しく上品が特徴。 …
  2. 2015y07m01d_121846023
    6月の24日から2日間岩手県へ出張で行ってきました。 目的は只今国内外問わずに…
  3. 2015y03m19d_192149687
    1994年に『現代の名工』として琉球ガラスの発展に尽力された稲嶺盛吉さんの息子さんである盛一郎…
  4. 2015y02m11d_092154808
    フランス語で「頭」を意味するカボション。半透明な宝石や透明な石に対しても光学的効果を求めて石を…
  5. 2015y01m30d_082025438
    浅草前川印伝さんの大人気の財布がラウンドファスナー長財布である。 小さくした印…

ブログカレンダー

2021年4月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

過去の記事一覧

ページ上部へ戻る