伝統工芸品の秩父銘仙

2014y12m18d_214029821

昨日は埼玉県秩父市へ行ってきました。

前日入りした狭山市から車で一般道を約一時間かけて秩父へ。都心から約70キロと決して遠くはないのだが四方を山に囲まれた秩父市に近づくほどに寒くなる。

2014y12m18d_213903132 2014y12m18d_213912045

※途中の道の駅に立ち寄りました。

オリジナルの手拭いを作りたく碓井捺染さんに到着。打合せの中でまずは秩父が銘仙の街として発展を遂げた事を知りました。

秩父銘仙とは

秩父は古くから絹織物が盛んで特に大正・昭和にかけて大流行した秩父銘仙は縦糸に染料で型を使って模様を印捺しそのあと横糸を織って布に織り上げるため裏表のない表現が可能となった。よって表が色あせても裏を使って仕立て直しが出来るの利点がある。見る角度によって色の見え方が違うのが特徴で大胆な柄は女性の間で手軽なオシャレ着として明治後期から昭和初期にかけて全国的な人気を誇りました。銘仙の柄はすべて当時の秩父の自然の花や風景をモチーフにして生まれました。現在の浴衣の柄は銘仙柄から使われている事も多い。2013年11月29日に【秩父銘仙】として国指定の伝統工芸品に認定されました。

2014y12m18d_214121575

※丁寧に説明をしてくれる碓井正男社長。人もいいです!

このような技術を応用して暖簾や手拭い、風呂敷など染物商品の開発をされている碓井正男社長。ご本人も伝統工芸士として現役バリバリである。こだわりも強く使われている色も秩父の風土を表わす色として100色を選出。これは土壌、樹木、草花などの「自然的な要因」と古くから使われている道具や建造物などの「人工的な要因」を5年間同じ場所での定点観測を行い季節ごとに移り変わる景色の色を総合的にまとめられました。この色をデザインや染色に使用し美しい自然の風合いを製品に反映されています。

少数精鋭で現在社長を含め3名の職人は全員が伝統工芸士として活躍されている。考えているデザインがどのような作品に仕上がるのか楽しみである。

社長曰く「オリジナルのモノを作る人の特権はその途中でこだわりを楽しむ事が出来るのだと。楽しみながら時には苦労しながら考えたデザインが実際の作品となって出来上がってくる。さらに使う楽しみ、配る楽しみ、販売する楽しみ、等々尽きない。出来上がるまでのワクワク感、出来上がった時のうれしさを味わえるのがオリジナルの魅力であると。」

その瞬間が来るのが今から楽しみである(*^^)v

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オススメの作家さん

  1. 2015y07m21d_165137556

    2015-7-21

    半磁器のうつわに惚れてしまいました(^^♪

    陶器には土のぬくもりがあり磁器には白い地肌に代表されるように美しく上品が特徴。 …
  2. 2015y07m11d_174813352

    2015-7-11

    やちむんが続々!気分によって使い分けたいマグカップ

    沖縄の陶器であるやちむんは琉球ガラスと同様に人気を集めている工芸品である。 実…
  3. 2015y07m10d_212739297

    2015-7-10

    お客様の期待に応えられるのが羨ましい!

    招き猫作家として活躍されている造形作家・渡辺志野さんに本日お会いしてきました(^^♪ …
  4. 2015y04m13d_102355656

    2015-5-13

    旭川木工の吉野道雄さん

    旭川と言えば皆さんは何を思い浮かべますか? 旭山動物園ですかね(^^♪ラーメン…
  5. 2015y04m14d_185134270

    2015-4-17

    小樽ブルーの美しいガラス

    小樽の海を映し出すかのような美しい色合い。 北海道小樽は昭和初期にはニシン漁で…

ごあいさつ

  1. 2014y11m10d_194321876

    2014-11-7

    はじめまして!和雑貨マイスターいけぽんです。

    とうとうMYブログをはじめました(^^♪ 只今、静岡県浜松市の㈱四季彩堂でこだ…

ピックアップ記事

  1. 2015y07m21d_165137556
    陶器には土のぬくもりがあり磁器には白い地肌に代表されるように美しく上品が特徴。 …
  2. 2015y07m01d_121846023
    6月の24日から2日間岩手県へ出張で行ってきました。 目的は只今国内外問わずに…
  3. 2015y03m19d_192149687
    1994年に『現代の名工』として琉球ガラスの発展に尽力された稲嶺盛吉さんの息子さんである盛一郎…
  4. 2015y02m11d_092154808
    フランス語で「頭」を意味するカボション。半透明な宝石や透明な石に対しても光学的効果を求めて石を…
  5. 2015y01m30d_082025438
    浅草前川印伝さんの大人気の財布がラウンドファスナー長財布である。 小さくした印…

ブログカレンダー

2022年5月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

過去の記事一覧

ページ上部へ戻る